いつか思い出になる写真を。〜セイ生活〜

忘れてしまう、モノや人や景色。

Category: Eye-Fi

Eye-Fi Mobile X2 8GBCX-3に淹れて、Google+とPicasaとEye-Fiとエンドレスモードな使い方をしてたけど、カメラを増やしたのでEye-Fi Pro X2を追加購入。

Eye-FiPRO






Eye-Fiを使うとSDカードの抜き挿しなしのワイヤレスな環境で撮った写真をPCに転送できるので、新しいカメラも同じようにデータを転送しようかな〜と思ったり。
続きを読む

Eye-Fi Mobile X2 8GBで、「Google+と連携して容量無制限」なんて事を書いたけど設定方法に誤りが。



自宅のWi-Fi環境内でEye-Fiなカードを入れたデジカメの電源を入れると、撮影したデータが予め設定しておいたPCのフォルダへ勝手にUP。

この機能は本当に使える。



今までは、



SDカードをデジカメから抜く。



カードリーダーへ挿しこむ。



ドラッグ&ドロップでデータを移動。



SDカードをデジカメに戻す。



こんな手順でデジカメのデータを移動して管理していたけど、Eye-Fiなら



デジカメの電源を入れる。



暫し待つ。



これだけで、撮影したデータが勝手にPCへ移動してくれる。

文章では伝わらないけど、この機能は便利過ぎる。



・・・で、そんな便利機能の裏側で複数のオンラインサービスの中から1つだけ選んでおいて、そのWEBサービスへも写真を転送してくれる機能が働いてたりしました。



そんなオンラインサービスで設定しておいたのがPicasa。

Google+と連動したら容量を気にせず勝手にUPされて(オリジナルサイズだと容量の制限があるので1600ピクセルに設定済み)、Picasaをデジカメデータのストレージとして使えると思っていたら、PicasaへUPされていない写真が多々ある事が判明。



調べてみたら、Picasaの無料で使える1GBの容量が全て使われた状態になっており、容量が一杯でUPが止まっていたみたい(´д`)アァ



原因が、



Eye-FiからPicasaへ直接アップロード→容量を食う。



Google+を経由してPicasaへアップロードする→容量は食わない。



そんな感じでした。

・・・で、Eye-FiにはGoogle+へUPする設定がない。

わざわざGoogle+にログインしてアップロードするのも面倒臭い。

そんな事をする位なら、自宅Wi-Fi内でPCの指定されたフォルダに移動されるだけで十分。





ただ、SO-02CにインストールしたGoogle+アプリのインスタントアップロード機能は、Google+へ直接写真のデータをUPしてるのでGoogle+→Picasaとデータが流れて容量を食っていない様子。



そんな訳で、アンドロイドなスマホのアプリがどうやってGoogle+→Picasaと連動させてるのかと思ったら、「Instant Upload」といったフォルダへデータを転送してるだけらしいので、Eye-Fiの設定を少し変えてみたら容量を食わずに勝手に写真がUPされる構図ができあがった(・∀・)ウホーイ

google+picasa (2)


何枚UPしても、Picasaの右上にある、写真設定>保存容量の無料分の1GBが消費されていない。


続きを読む

CONVOY88で書いたEye-Fi Mobile X2 8GBが何故か手元に(゚д゚)

Eye-Fi (3)



続きを読む

↑このページのトップヘ