8月13日(土)に行ってきました、東京湾の花火大会。正式には【東京湾大華火祭】っていうみたいだけど、東京湾花火大会の方が言いやすいかなーと・・・。

毎年の如く、コネ入手な入場整理券を使って晴海埠頭会場に潜入(^o^)丿 この入場整理券が有るか無いかで、花火大会の快適さが違ってくるので、来年行く人は入手してから行った方がいいですよ。



東京湾花火大会1

東京の花火大会の人手は半端じゃないので、初めて行ったときは驚きました(-_-;) うじゃうじゃと人が居て、「まるでゴミのようだ!!」と天空の城ラピュタに出てくるムスカの様な台詞を吐きたくなるくらいの人ごみ(-_-;)

行きはまだしも、帰りの混雑の様は酷いモノです・・。電車で行ったのは最初の年だけで、後はスティードで行ってます(^o^)丿 車で行っちゃうと駐車場が無くて、結局は2〜3駅先の駐車場に停めたりしなきゃいけないハメになっちゃうので、花火大会はバイクにタンデムがベストです。

バイクなら、駐輪場が設置されてるので安心だし(●^o^●)

 ・・・バイクで行っても、結局は歩かされるハメになります。どこかの球場を駐輪場にしてるので、そこから歩きます、・・・歩く歩く。汗だくになりますよ(-_-;) 

「浴衣を着てる婦女子は大変だな〜」と花火大会を色どってくれる、浴衣姿のお姉ちゃん達を視姦しつつ歩きます。



しばらく歩くと「招待券有り」「招待券無し」と路を別けられてしまいます。もちろん、招待券ありなので「有り」な道へ(^o^)丿 招待券と言っても、何千人と持ってるだろう葉書なので相変わらずな人ごみです・・・。

晴海公園手前の球場の駐車場が招待席の会場。ブルーシートが敷かれてるだけで、VIP感0。まぁ、それでも花火は真正面で障害物が無く見れるので毎年来ちゃってますが・・・(●^o^●)

 到着したら、持ってきたシェラフ(キャンプなんかに使う寝袋)を広げてシート代わりにして場所を確保。一応招待席なので、ギリギリに行っても結構座れます。シェラフを広げ、2人なのに4〜5人分の席を確保しながら悠々と花火観賞。打ち上げの19時まで時間があったので(17時30分位に到着)、ドリンクでも飲もうかとした矢先にパラパラと雨が・・・(-_-;)

東京湾花火大会2

夕立か?と思い、彼女が持ってきた折り畳み傘を広げて雨を凌いでたら、雨脚が強まってくる(-_-;) 会場に来るまでは、快晴だったので傘の準備をしてない人も大勢いてビショ濡れになってました・・・。前に座ってたカップルなんて、何も持ってきてなくてズブ濡れ(-_-;) 男はまだしも、女の子が可愛そうだったなー。

東京湾花火大会3

浴衣の女の子もビショ濡れ(-_-;) 色っぽいとかを通り越して悲惨でしたね・・。セイ達は、彼女の持ってきた折り畳み傘とキャンプ用シェラフ(撥水加工)で雨が当たらないようにしたおかげで、あんまり濡れずに済みました。

写真じゃ判り辛いけど、本当に大雨(-_-;) 敷いてあるビニールシートもビショ濡れ。

東京湾花火大会4

野外なイベントに行くときは雨具を用意しておくのがベストだと、再認識。

東京湾花火大会5

夜の帳が降りてくる頃には夕立も止んで、花火日和に変ったのが唯一の救いでした(●^o^●)。