IXY430Fをポチッと。



『ゴールドがいいな』



と思ってたのに、何故かピンクにしてしまった(´д`)アァ

IXY430F (10)


「これは嫁に使って貰うか」



なんて思いつつ、少しだけ電源を入れてみる。








普通に撮ってみた。

IXY430F (2)


タッチパネルのボタン一つで、トイカメラ風。

IXY430F (3)


このエフェクトは最初だけだよね。スマホなんかでも、こんなエフェクトが簡単にできるし。



魚眼レンズ。

IXY430F (4)


面白いけど、これも最初だけかな。





で、いくつかある中で良かったのがワンポイントカラー。

IXY430F (5)


特定の色以外を白黒に出来る。

普通に撮って加工してもいいけど、撮るその場でボタン1つでこれができるのはなかなかいい。



カフェオレ。

IXY430F (6)




現在、サブ機となってしまったCX-3と比べてみる。

IXY430F (7)


CX-3はコンデジにしては重い方なので比べる対象にはならないのかもしれないけど、軽量。



薄い。

IXY430F (8)


主にタッチパネルでの操作となるので、画面が大きい。

IXY430F (9)


タッチパネルもいいけど、良く切り替えるようなMODEボタン位は普通にボタンで欲しいかも。



HDMIの出力端子も付いてる。

IXY430F




このコンデジの一番のうりは恐らくWi-Fi機能。

コンデジで撮った写真をスマホ等に転送できるので、起動が遅かったり保存が遅いスマホのカメラを常用せずにSNSにUP出来たりするのが利点なのかと。

起動の速さと連写等、スナップ写真程度ならやっぱりコンデジだよね。



でも、そんな売りのWi-Fi機能はAir CardとX6iとCX-3で書いたように、カードをAir Cardにしてしまうだけで実装できてしまうので、必要なかったなこのカメラは。



撮った写真をシームレスにPCへ転送するならEye-Fiで、スマホのカメラで満足できない外出先でコンデジなんかで撮った写真を使いたいならAir CardかこういったWi-Fi機能が付いてるカメラかな。



1万円程度で転売かな。残念ながら。