いつか思い出になる写真を。〜セイ生活〜

忘れてしまう、モノや人や景色。

天神様の横を流れるので、天神川とも呼ばれる横十間川。
横十間川

1間が1.8メートルくらいだから、川幅が18メートルだったのかな。

車が走る車道よりも低い位置にあり、自転車も通れる歩道が水面に限りなく近づいた高さなので、水彩都市を感じれる。

菜の花が満開になる、前に住んでた家の前を流れてた野川とはまた違う趣だな。

最近はポケットに忍ばせたG9Xでばかり写真を撮ってるな。
軽いってのは重要だ。

そんなG9Xは保育園への送り迎えの際にも春の何気ない1枚を残してくれる。
桜

何年後かに見て、何かを思い出せる何気ない日常を残そう。

そうしよう。

EOS8000DのWi-Fi/NFC機能


8000DのNFC機能は想像以上に便利。8000Dを持ち歩いて、カフェでコーヒーなんかを嗜んでる時に

「さっき撮った写真を送りたいな」

と思った時に、スマホと8000Dを接触させて自動で接続。
後は、スマホから8000Dの写真が覗けるので選択してスマホに落として自由に使える。

SDカードを抜き差しする必要がないだけじゃなく、8000Dとスマホを接触させるだけってのが想像以上に便利。

そんな8000DにはWi-Fi機能なるものがあって、撮った写真を確認できる画面で「Q」ボタンを押すとこんな画面になるので、右下の電波っぽいWi-Fi機能ボタンをポチっと。
G9X (1)

続きを読む

G9Xには便利な機能があるけど、それはまた今度書くとして、撮った写真。

M2よりはセンサーサイズが小さいといっても、この程度ならボケた写真は撮れる。
G9X (1)

難しい事をしないで、片手でこれなら充分。



続きを読む

もう少し軽いカメラが欲しいと思っていたら、キャノンのG9Xがやってきた。
G9X (1)

もうすぐでG9 X Mark IIが発売されるんけど、マイナーチェンジだし、底値で在庫がなくなってしまう前にと。


Aamzonさんでは価格が上がりだしたな。





続きを読む

SONYのハンディカムHDR-PJ670SDカードの残り容量もへってきたし、購入して1年が過ぎたので動画のバックアップについて考察。





一番楽で安心できそうなのが、Googleフォト

【.mpg、.mod、.mmv、.tod、.wmv、.asf、.avi、.divx、.mov、.m4v、.3gp、.3g2、.mp4、.m2t、.m2ts、.mts、.mkv】といった形式であれば、ハンディカムで撮ろうがスマホで撮ろうが一眼で撮ろうが、Google Photos Backupでアップロードしたファイルであれば容量無制限で保存してくれる。



スマホの写真や動画はアプリ経由で自動でGoogleフォトにバックアップされ、一眼で撮った写真やハンディカムの動画はファイルをGoogle Photos Backupであらかじめ指定したフォルダに移動しておけば半自動でバックアップされる。



Googleフォトはクロームキャストとの相性も良くて、自動や半自動でバックアップされた写真や動画をリビングの大きなTVで簡単に見る事ができる。



そんな訳で、ハンディカムの動画の保存もGoogleフォト一択な気もするけど、少しだけ手を加えてYoutubeといった選択肢。



非公開設定で動画を纏めてアップロードしておけば、ここも無料で容量無制限のストレージとして使える。

bc2efa41.jpg



URLを知れば誰でも見れる限定公開ではなく、非公開設定。

100ファイル程を纏めてUPしたけど、問題無し。






続きを読む

2011年から使ってるEye-FiのX2。

005badbc.jpg



SDカード自体がWi-Fiと繋がって、写真を転送するといった革新的なテクノロジーを持ったカードだったってのに、2016年9月16日でサポートが終了。






続きを読む

↑このページのトップヘ